太陽光発電を導入する前に、電気について知りましょう

普段から何気なく利用している電気ですが、すこしの努力で省エネをすることができます。
最近ではエコや省エネに対しての認識も高くなってきています。
そのためより効果的な行動をするためにも、電気や電力について正しい知識を持っておく必要があるでしょう。
まずは電気について知っていきましょう。
電気を表す記号はいくつがありますが、アンペアやボルトなどが一般的に知られているでしょう。
Aのアンペアは電流、Vのボルトは電圧を指します。
電圧は一般家庭では100Vになっていますね。
電圧と電流をかけたものにVA(ボルトアンペア)という単位があります。
他にも電気についての単位を知っているかもしれません。
電球などにはWという記号があるでしょう。
これはワットとよみ、消費させる電力を指します。
つまりこのWの数値が大きくなればなるほど、消費する電力が大きくなるということになります。
Whはワットアワーと読みます。
これは時間あたりの電力量を占める単位になります。
このように電気に関する単位は様々あるので、知っておくだけでも認識が変わってくるでしょう。
基本的には電気料金はkWhで請求されてくるので、自分がどのくらいの電気を利用しているかを把握することができるようになるかもしれません。
また、どのような行動がどのくらいの電気を利用しているのかを知ることができれば、無駄な電気を少なくすることができるようになるかもしれませんね。

http://taiyokohatudenhikaku.com/

電力量計を見てエコへの認識を高くする

皆さんは電気量計というものを知っているでしょうか。
電気量計と言われてすぐに何か分かる人は非常に少ないかもしれませんね。
名前から連想すれば、電気量をはかるものというように思うでしょう。
電気量計は、使用した電気量を測定するための機械です。
一般的には電気メーターや電力メーターと呼ばれているものです。
電気量計に電気を流すことで利用した電気量をはかることができます。
その量にもとづいて、電気料金を請求するような仕組みになっているのです。
一般家庭には交流電力の有効電力を計測することができる、誘導型電力量計という電力量計が利用されています。
電力量計にはいくつかの種類があり、業務用施設などでは静止型電力量計を利用していることが多いようです。
誘導型電力量計の仕組みとしては、円盤を回転させることによって、その回転数を計測し、使用電力を計算するというものになります。
住宅によっては電力量計が簡単に見えるようになっていて、電気を利用していればメーターが回転しているのを確認することができるでしょう。
太陽光発電を利用することになっても、この電力量計を設置することになります。
電力量計によって、太陽光発電でどのくらいの電気を発電しているか、そのうちどのくらいの電気を利用しているかなどを把握することができます。
電力量計を見ることで、エコへの認識も高くなるかもしれません。

更新情報